ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(2)

サプリメント(13)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(15)

目の病気(7)

耳の病気(8)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(5)

呼吸器の病気(7)

心臓の病気(37)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(43)

消化器・内臓の病気(24)

泌尿器・生殖器の病気(17)

関節・骨の病気(16)

感染症(29)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(13)

甲状腺の病気(7)

副腎の病気(6)

商品検索 キーワード

 

ネオマイシン/フラジオマイシン Neomycin

成分説明
ネオマイシン(フラジオマイシン)は、アミノグリコシド系抗生物質に属する成分です。細菌細胞のタンパク質の合成を阻害することによる殺菌作用があり、特に大腸菌、サルモネラ属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、アシネトバクター属といったグラム陰性菌を中心に、幅広い菌類に対して優れた効果を発揮します。

タンパク質は細菌細胞内のリボソームという器官で生成されますが、ネオマイシン(フラジオマイシン)はこのリボソームに結びつくことによって機能障害を引き起こし、タンパク質の合成を阻害します。細菌タンパク質は細菌の生存に必要不可欠な物質であるため、タンパク質が生成されなくなった細菌は生存することができなくなり、最終的には死滅することになります。

通常、細菌のタンパク質合成を阻害する抗生物質の作用は静菌的であり、その効果の発現には時間がかかります。しかし、ネオマイシン(フラジオマイシン)を含むアミノグリコシド系抗生物質は、細菌タンパク質の合成を阻害する作用のみでなく、細菌細胞膜に損傷を引き起こして細菌細胞の内容物を流出させる作用もあるとされ、これらの相乗効果が優れた殺菌作用となって現れるという特徴があります。
しかしながら、ネオマシン(フラジオマイシン)は消化管からほとんど吸収されない上、使用による耳毒性、神経筋遮断、腎毒性などの副作用の発現が少なくないことから、ほとんどの場合は外用薬として用いられます。

成分分類
抗菌薬

適応
感染症

副作用
耳毒性、腎毒性、神経筋遮断

●外用薬として
接触性皮膚炎、湿疹、発疹、刺痛

注意事項
皮膚の損傷がひどい箇所には使用しないでください。