ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(14)

サプリメント(14)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(18)

目の病気(9)

耳の病気(23)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(10)

呼吸器の病気(9)

心臓の病気(50)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(86)

消化器・内臓の病気(45)

泌尿器・生殖器の病気(27)

関節・骨の病気(28)

感染症(39)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(11)

アレルギー(9)

その他の病気(15)

甲状腺の病気(9)

副腎の病気(6)

商品検索 キーワード

 

副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

腎臓の近くに位置し、ホルモンを産生する臓器である副腎皮質の機能が亢進した状態です。主に6、7歳以上の高齢のイヌにおいて発症し、副腎皮質ホルモンが過剰に産生されることによる多飲多尿、多食、左右対称性の脱毛、腹部膨満、筋肉虚弱といった症状が現れます。なお、イヌの発症率はヒトやネコと比較すると圧倒的に高いことから、イヌの疾患のなかでも重要なものとして位置付けられています。

 

 

詳しくはこちら

戻る

 

その他

戻る