ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(4)

サプリメント(9)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(16)

目の病気(7)

耳の病気(8)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(4)

呼吸器の病気(7)

心臓の病気(37)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(43)

消化器・内臓の病気(24)

泌尿器・生殖器の病気(17)

関節・骨の病気(17)

感染症(28)

血液系の病気(3)

がん・腫瘍(10)

アレルギー(9)

その他の病気(13)

甲状腺の病気(7)

副腎の病気(6)

商品検索 キーワード

 

シプロヘプタジン Cyproheptadine

成分説明
ヒスタミンのH1受容体に拮抗してアレルギーを起こすヒスタミンの働きを抑え、さらにセロトニン受容体にも拮抗し、気管支平滑筋の収縮や痛み・かゆみ・炎症性浮腫の発生を抑えます。

ヒスタミンは結合する受容体によりH1-H4の4種類に分類されますが、このうちH1受容体はアレルギーに深く関わっているほか、血管拡張、血管透過性亢進、気管支収縮などを引き起こす原因となる物質です

またセロトニンは神経伝達物質で腸管壁、血管、中枢神経系に存在しており、ヒスタミンと同様、受容体と結びつくことによって働きます。その存在する部位により消化管の運動、腸などの筋肉、血管の収縮・拡張、精神活動などに関与していますが、脂肪細胞によりヒスタミンとともに合成されて皮膚や鼻粘膜などの組織に放出され、これらの部位における炎症を起こす原因ともなっています。

シプロヘプタジンは、ヒスタミンやセロトニンの代わりに受容体と結びつくことで各症状が起こるのを阻害するように働きます。

なおヒスタミン作用には食欲抑制効果がありますが、シプロヘプタジンはその作用も抑えてしまうため、獣医領域では食欲亢進剤として使用されることもあります。

成分分類
抗ヒスタミン

適応
抗アレルギー、食欲亢進

副作用
幻覚、錯乱、眠気