ペットのくすりやさん
Home
Menu
商品カテゴリー
カート
商品検索

Home

新着情報

カート

商品一覧

商品カテゴリー

コラム一覧

お問合せ

サイトマップ

現在のカートの中

商品数:0点

合計:0円

商品カテゴリー

★お買い得商品★(5)

サプリメント(10)

その他(薬以外)(1)

脳・神経系の病気(16)

目の病気(7)

耳の病気(8)

鼻の病気(1)

口・歯の病気(4)

呼吸器の病気(7)

心臓の病気(37)

足・爪の病気(1)

皮膚の病気(43)

消化器・内臓の病気(24)

泌尿器・生殖器の病気(17)

関節・骨の病気(17)

感染症(28)

血液系の病気(2)

がん・腫瘍(9)

アレルギー(9)

その他の病気(13)

甲状腺の病気(7)

副腎の病気(6)

商品検索 キーワード

 

レボチロキシンナトリウム Levothyroxine Sodium

成分説明
甲状腺から分泌されるホルモンを合成した甲状腺ホルモン剤です。甲状腺機能低下症におけるホルモン補充療法の第一選択薬として用いられています。

甲状腺ホルモンには、通常T3と呼ばれているヨウ素が3個結合したトリヨ-ドサイロニンと、ヨウ素が4個結合したサイロニン(T4)の2種類があります。これらのうち甲状腺ホルモンのたんぱく質合成、エネルギー代謝や酸素消費量の促進といった機能を発揮するのはT3になりますが、実際に甲状腺から分泌されるのは全体の甲状腺ホルモンのわずか20%程度に過ぎず、T4が肝臓や腎臓でT3へと変換されることによって初めてその機能を発揮します。

レボチロキシンナトリウムは、サイロニン(T4)を人工的に合成したものです。甲状腺ホルモン作用を有するT3製剤のような速効性はありませんが、血漿たんぱく質との結合力に優れ、長時間にわたって血中内に滞在し、継続的に生理活性作用を持つT3へと変換されることで血中内の甲状腺ホルモン値を一定に維持するよう働きます。
一方のT3製剤は吸収率が高く、効果の発現も早いという特性がありますが、半減期が短く服用後短時間で排泄されてしまうことから血中の甲状腺ホルモンを一定に保つことが非常に難しく、長期的な補充療法には向いていないとされています。

成分分類
ホルモン関連

適応
甲状腺機能低下症

副作用
体重減少、活動亢進、心拍数増加、頻尿、食欲増加、嘔吐、下痢、一時的な皮膚症状(鱗屑など)

注意事項
心疾患、糖尿病、副腎皮質機能低下症などを患っている動物に対しては慎重に使用してください。